中国語は大学で勉強したけど、もう忘れた理由を紹介します。

大学に入学後、1年生は第二外国語として、中国語とフランス語とドイツ語のいずれかを最低半年間学ばなければなりませんでした。子どもの頃から感じに興味があった私は中国語を選びました。また、中学と高校で卓球をやっていたので中国語を身近に感じていたことと、高校の修学旅行で中国に行ったことも影響し、迷うことなく中国語を勉強しようと思いました。 大学の講義で学びました。文法については比較的分かりやすいと思いました。発音については、少し難しいと感じました。英語にはないような発音の仕方があり、手こずりました。書くことについては、全て漢字ということもあり、少し大変だと思いました。しかし、全体的には面白いと思えたので、もっと勉強したいと思いました。 現在は勉強していません。理由は、使う機会が全くないということと、時間を確保することができないからです。興味は今も持っていますが、学ぶことはしていません。学生時代は、日常的に勉強していました。講義の時だけではなく、予習や復習も行っていました。会話ができるようにとまではいかなくても、簡単な自己紹介はできるようになれたらと思いながら勉強していました。 賛成です。なぜなら、仲間ができるからです。勉強は一人でもできますが、モチベーションを維持することが難しいです。しかし、学校であれば、自分以外にも人がいるため、意欲も出やすいと思います。

仕事で中国語を良く使うので、独学で勉強し始めた。

私の仕事においてある日から中国の人と関わるようになりました。相手は確かに日本語ペラペラですので、中国語を勉強をしなくても問題はございません。しかし相手はとても良い人で仕事以外でも様々な援助をしてくれました。そんな人に対してなにか恩返しができないかと考えた時、こちらも相手の母国語である中国語でなにか会話をすることを思いつきました。それがきっかけで中国語を勉強をし始めました。 “独学で音声付き電子辞書を使って勉強をし始めました。初級レベルの内容でしたらネットで検索すればゴロゴロと転がっておりますので、それらを利用して初級の文法などを習得いたしました。あとは単語・熟語を勉強し、徐々に知識を広げております。
最初はなかなか手こずるところ多かったですが、勉強スタイルのコツをつかめたらスムーズに習得できております。” “現在も勉強を続けております。ある程度習得できた状態でお仕事以外でもお世話になっている中国の人にお披露目したところ、かなり喜んでくださいました。そして上手いとお褒めの言葉をいただきました。それがモチベーションを上げています。
仕事により勉強時間は大きく変動しておりますが、それでも毎日2時間は勉強するようにしています。” 反対です。独学で自ら学ぼうとする姿勢を持たないと習得することは出来ません。学校に通うとどうしても甘えが出てしまい、習得する時間がかなり長くなってしまいます。